漢字の書き方お手本


かっこいい「び」文字イラスト び書き方


ひらがな 読み方 (一例)
   ※一例です
金属文字サイトの趣旨 ひらがな(び)を対象に教科書体・ゴシック体等で表現した平仮名を図鑑のように紹介
構造として見る 「び」 文字を表現する観点から、書体に基づくデザイン性やバランス・魅力を比較検討することが出来ます
「び」の読み方について 読み方は一例として紹介しており、他の読み方がある場合も多々あります。






金属模様の漢字「び」のイラスト [び]アイコン


平仮名を「文字の表面効果」を意識して輝く金属模様のように効果を出してみました。文字の印象変化が分かります。
比較的大きなサイズの文字画像で正方形なので最近のアイコンサイズにも対応できるかも。



明朝体で書いた平仮名



金(ゴールド)漢字 
金属模様 (漢字) 読み方
明朝体 明朝体 ファイル名 1-bi.jpg

 一般的に使われている書体でパソコン表示や文書等で用いられます。




毛筆で書いた平仮名



毛筆図解 (方法) 
一般的な書体 (名前) 読みかた
教科書体 筆文字 ファイル名 2-bi.jpg

「び」の綺麗な清書 筆文字(漢字)を金に見えるように彩色した「び」の見本






ゴシックで書いた平仮名



ゴシック体 (レタリング・看板) 
ゴシック体 (手書き見本) 読み方
レタリング ゴシック体 ファイル名 3-bi.jpg

ゴシック体の特徴 縦・横の線が均等であるのはゴシック体の特徴です。トビやハネの部分からも分かります。
ゴシック体について レタリングや看板制作においても文字の視認性から大切なデザインとなります。




明朝体の太字で書いた平仮名



手書き毛筆 (漢字) 
毛筆 読み方
毛筆イラスト 明朝体の太字 ファイル名 4-bi.jpg

「び」の毛筆習字 明朝体の太字をイメージ。









 金(ゴールド)や炎・氷をイメージした各種サイト


明朝体の特徴 ゴシック体の特徴




「トメ」、「ハネ」、「はらい」の部分
毛筆で書いたような特徴があります
「横線」や「縦線」は
同じような太さであることが多い 
文字を認識しやすい(視認性)

 各種書体によって多少の違いや例外が存在します。少しの違いでも、印象における大きな魅力を放ちます。



注意事項について

 「び」文字アイコン

毛筆でかっこよく書く漢字 当サイトは、漢字・文字を対象に金属(ゴールド)をイメージしたテクスチャを表現しています。色相変換により多彩な印象を持たせます。イラスト画像のサイズは正方形で、中央配置処理しています。

姓名判断の考察 一般的な明朝体・ゴシック体の書体デザインで文字構造を把握できます。スマホでも表示確認できるように制作しました。

 紹介している漢字は、習字・レタリングにおいて書き方の正解や特別な意味を意図として示すものではありません。JIS・人名・常用漢字ではない文字も含むため正確性については、辞書や辞典での確認が必要です。また、読み方についても多種多様に存在しています。

 当サイトにおける画像などのコンテンツの転載や再配布はできません。